$PageH1

開発に便利なアプリ開発ツール情報まとめ

アプリ開発に使いやすいツールについて

パソコンでホームページを勉強した事がある人で、スマホアプリも作ってみたいと考えた事がある人はいると思いますが、プログラム言語は、HTMLなどと比較してもかなり難しいので、なかなか作れる人はいなかった。

ところがプログラム知識が無い全くのアプリ開発の初心者でもスマホアプリが作れる、アプリ開発ツールが最近増えてきていて、中には無料のツールもあるので、今までプログラムでつまづいていたような人でもアプリ開発にチャレンジしてみましょう!

アプリを全くのゼロから開発するには物凄い費用と労力がかかりますが、今回ご紹介するようなアプリ開発ツールを利用すればアプリ開発言語に特化した、プログラマーじゃなくてもアプリ開発を行えるようになるので、それによってアプリ開発にかかる開発費用を大幅に削減する事が可能です。

パソコン室には3台のパソコンが並んでおいている

しかもアプリ開発ツールと言っても中には完全にプロ仕様のハイレベルなものも多く、有名企業のオリジナルアプリでも携帯アプリ開発ツールで作られたものも多数あり、個人でこのアプリ開発ツールを使って開発したゲームアプリが大ヒットしたケースもあります。

つまりは、アプリ開発ツールはプログラムがわからない人向けの趣味や遊びでアプリが作れる、開発練習用の開発ツールという訳ではなく、実際に企業アプリや商用アプリとしても活用可能な、そういったプロ仕様なアプリ開発ツールも多く存在するのです。

例えば、App Studioというアプリ開発ツールは、Microsoftが提供する、Windows OS用のアプリ開発ツールで、現在、β版が無料で公開されているので、誰でも無料で簡単にiphoneアプリやandroidアプリが作れます。

初めてなので、何を作っていいかわからないという人には、多くのテンプレートの中から開発し、Widnowsアプリを作る事も出来ますが、テンプレートに囚われないで、自由に作りたいという人は「空のテンプレート」を選択し、ゼロからアプリを作る事も出来ます。

そして初心者に一番オススメしたい無料の簡単アプリ開発ツールはアプリビルダーです。

このアプリビルダーは、会員登録してWebブラウザから必要項目を入力していくだけで、初心者でもiphoneアプリを作成する事ができます。

作成中のアプリはAppBuilder Viewerでチェックする事が出来て、ボタンを押すだけでAppleへの申請作業が不要な点も初心者には優しい機能です。

iphoneアプリをAppStoreに公開する為には、Apple社のAppStoreにアプリを申請しなければいけないのですが、アプリビルダーで作成したアプリは、アプリビルダーの画面から申請ボタンを押すだけで自動的にAppStoreへ申請されます!

作れるアプリも、脱出ゲーム、バンド公式アプリ、マップアプリ、作品集アプリ、店舗紹介アプリなど、既にあるテンプレートから選んで作成出来るので、もしお店のアプリを作りたいのであれば店舗紹介アプリがオススメです。

初心者でも簡単に無料で作成出来るので、是非チャレンジしてみましょう!

心地よくアプリ開発するために仕事環境はとっても大事

Copyright © 開発に便利なアプリ開発ツール情報まとめ All right reserved. Theme created by thememotive.com