$PageH1

開発に便利なアプリ開発ツール情報まとめ

アプリ開発に使いやすいツールについて

アプリの開発と言えば、当然求められるスキルはアプリのプログラミング言語を駆使した、プログラム経験とプログラミング能力で、全て一人でアプリ開発を行うともなれば、サーバー構築の知識も求められるのが一般的でした。

そしてアプリ開発と一言で言っても、ゲーム系であればUnityやcocos2d-x、ゲーム制作のプログラミング言語としてはC#、C++、Objective-Cなどがあり、アプリ開発ではiphoneアプリではObjective-Cもしくはswift言語、androidアプリではandroid Javaという言語が必要でしたが、最近ではこれらの言語を全く使わないで、アプリ開発用のツールだけで、誰でも簡単にスマホアプリが作れるサービスが増えてきています。

これらのアプリ開発用のツールと言っても、元々はアプリ開発エンジニアが使うような、プログラム知識や開発経験がある人向けの有料サービスや、別の言語で、アプリ開発言語で作ったかのようなアプリが作れるといったアプリ開発ツールもありましたが、最近のアプリ開発ツールはとても優秀で、全くの無料サービスなのにもかかわらず、子どもでもスマホアプリが作れるような単純で分かりやすいアプリ開発ツールもあれば、そのアプリ開発ツールで作ったアプリがそのままApp StoreやGoogle Playストアにアップ出来、アップされたアプリからの課金や広告収入を得て、普通に商用アプリとしても使えるという、個人の趣味でアプリを作るというレベルを超え、完全にプロ仕様のアプリ開発ツールも存在します。

アプリ開発をする時落ち着いた環境でアイデアを生みたしたい

元々アプリ開発の世界は、プログラミング言語を覚えなければスマホアプリが作れなかったので、スマホアプリのエンジニア不足が深刻化し、人件費が高騰するという事は、当然アプリ開発にかかる開発費も高騰しますので、スマホアプリを作る=高額、時間がかかるというイメージありました。

ところが最近ではプログラミング言語の知識が無くてもアプリが作れるツールが出来た事で、もしかすれば事務員が資料を作ったり、ホームページを作るような要領で、簡単にスマホアプリを作る時代ももう迫ってきているのかもしれません。

最近では、大手携帯電話会社にもアプリ開発ツールとして採用され、その実力が注目されているUnifinity(ユニフィニティー)というアプリ開発ツールがあります。

このUnifinityも、一回の作業で全てのOSに対応出来るという特徴を持っているので、通常であれば、パソコンとスマホアプリで使えるサービスを開発するとなった場合、iphoneやiPadに対応するiOSや、androidといったスマホ向けOSと、パソコンに対応する場合にはWindows OSへの対応も必要となります。

このように3つのOSがあった場合、それぞれのOSで見れるように開発する為、3つともバラバラのプログラミング言語を使いこなせる開発チームを作る事になり、その開発費用は膨大なものになりますが、このUnifinityを使う事で、コストと開発時間が長引く原因になっていたOSごとの違いに対応するエンジンと呼ばれる部分を独自に共通化する事で、OS間の相違を統合する事に成功したのです。

Unifinityでアプリを作る場合、パワーポイントのような画面上でアプリの開発が出来るので、普通にパソコンのOfficeを使いこなしている人であれば、特にプログラム知識やプログラミング経験が無くても誰でも簡単にスマホアプリを作る事が出来ます。

しかもUnifinityの更に凄いところは、開発したアプリの仕様書も、自動的に作成される機能が搭載されているので、わざわざ仕様書を作成する手間も減り、開発者の工数削減にも役に立つ優れものです。

また、Unifinity以外ではドラッグ&ドロップだけでアプリ開発が出来るAppaArchitectというアプリ開発用ツールもオススメで、なんとこのAppArchitectは、月額利用料も無料なので全くお金がかかりません。

そして対応機種もMacOS、Windows OSに対応しているので、無料でiOSアプリを作りたい人にオススメのサービスです。

パソコンに映し出す地球

一つ難点があるとすれば海外のアプリ開発サービスなので、表記が英語な事ですが、簡単な操作でアプリを作れるので、英語が苦手な人でも全く問題ありません。

そして同じく無料でプログラミング不要のゲームアプリが作れるアプリ開発ツールと言えば、GameSaladという有名なサービスがあります。このアプリ開発ツールを使えば、androidアプリ、iOSアプリ、HTML5アプリ、どれでも簡単に作る事が出来、プログラミングが出来なくても、ドラッグ&ドロップの操作で簡単にスマホアプリやHTML5アプリが作れます。

そしてこのGameSaladでは、実際にGameSaladで作ったスマホアプリをApp StoreやGoogle Playストアにリリースする事が可能なので、自分が作ったオリジナルゲームを世界中に公開する事が出来ます。

そしてこちらも無料のアプリ開発ツールなのですが、マサチューセッツ工科大学が開発したMIT App Inventerも無料で使用する事が出来、誰でも簡単にandroidアプリが作れるので、iOSアプリは作れませんが、androidアプリを初めて作りたい人にはアプリ開発の練習用にオススメです。

なぜ練習用なのかと言いますと、このアプリ開発ツールで作ったアプリは、Google Playストアにリリースする事が出来ないので、まずは練習でアプリ開発を体験してみたいという人にオススメのアプリ開発ツールなのです。

ソーシャルインターネットを人々が繋がるイメージ

このように、アプリ開発ツールは有料のサービスと無料で作れるサービスが存在し、それぞれプロ仕様の用途で使えるものから、完全にアプリ開発の練習用の遊び感覚でアプリが作れるサービスまで様々なので、目的に合わせる事でその実力は無限大にあると言えます。

アプリを作成してみようという方は「これからアプリ開発にチャレンジしたい人向けアプリ開発方法」を参考にASPサービスや外注方法などを検討してみてください。

Copyright © 開発に便利なアプリ開発ツール情報まとめ All right reserved. Theme created by thememotive.com